マグナス・ヘイスティングス『WHY DRAG?』
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

マグナス・ヘイスティングス『WHY DRAG?』

残り1点

¥2,640 税込

送料についてはこちら

水原希子さん推薦! 「ドラァグ・スーパースターが大集結している写真集!これを見れば今世界で活躍しているドラァグ・クイーンのすべてが分かる。それぞれの人生や魅力が凝縮されている、素晴らしい一冊!」     めくるめくドラァグ・クイーンの世界へようこそ――今をときめくドラァグ・クイーン総勢135名のゴージャスなオールカラー写真集&インタビュー集。 写真とともに、「なぜドラァグやるの?(=Why drag ?)」という問いに対する、クイーン全員の回答を掲載。 Netflixの人気番組「ル・ポールのドラァグ・レース」出場クイーンの写真も多数。 また、巻末には日本版オリジナルの解説『ドラァグ・クイーン。それは美しく気高い、「自分」という国の主』を収録。 すべてのドラァグファンとファッショニスタに捧ぐ1冊。 〜著者紹介〜 マグナス・ヘイスティングス (マグナスヘイスティングス) 英国出身の写真家。 2000年頃から映画スターやドラァグスター、ポップスター、ポルノスターなど、様々なスターの写真の撮影を始め、GG、Glamour、US・Weekly、Cosmopolitan等の雑誌に紹介される。また、UKで何度か個展を開催し、2014年にはドラァグ・クイーンのポートレイトをニューヨークで展示、大成功を収める。これを契機として「Why Drag?」の旅を始める。現在、Queen誌のフォトディレクター。 ボーイ・ジョージ (ボーイジョージ) 1980年代のニューロマンティック運動を牽引し、グラミー賞・ブリット賞を受賞した英国のポップ・バンドCULTURE CLUBのリードヴォーカル。ソウルフルな歌声と両性具有的な外見で知られる。2004年には自伝を元にしたミュージカル「タブー」でトニー賞4部門にノミネートされた。 エスムラルダ (エスムラルダ) 1972年生まれ。94年よりドラァグ・クイーンとしての活動を始め、各種イベント、メディア、講演会等に出演。2002年、東京都の「ヘブンアーティスト」ライセンスを取得。 ライター・脚本家としても活動しており、2012年、本名で応募した作品が「第12回 テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞」の優秀賞を受賞。2017年には東宝ミュージカル『プリシラ(宮本亜門 演出)』の翻訳を担当。また、2018年にはドラァグ・クイーン・ディーヴァ・ユニット「八方不美人」を結成、歌手としてもデビューした。 主な著書に『同性パートナーシップ証明、はじまりました。』(ポット出版、共著)がある。 【仕様】 マグナス・ヘイスティングス 写真 エスムラルダ 解説 ボーイ・ジョージ 著/文 | 翻訳 発売日:2020/2/25 判型:B5変型判 (H:218mm W:185mm ) ページ数:228頁