{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

【乙女の本棚】「人間椅子」江戸川乱歩+ホノジロトヲジ

¥1,980 税込

送料についてはこちら

私の膝の上には、いろいろな人が入りかわり立ちかわり、腰をおろしました。 作家である佳子に届いた1通の手紙。「奥様」と始まるその文章には、ある椅子職人の生活が綴られていた。 江戸川乱歩の『人間椅子』が、有名ゲームのキャラクターデザインなどで知られ、本シリーズでは夢野久作『死語の恋』、『瓶詰地獄』、泉鏡花『外科室』を担当する大人気イラストレーター・ホノジロトヲジによって描かれる。 名作文学と現代の美麗なイラストが融合した、珠玉のコラボレーション・シリーズ。 自分の本棚に飾っておきたい。大切なあの人にプレゼントしたい。そんな気持ちになる「乙女の本棚」シリーズの1冊。 直筆サインしおりプレゼントキャンペーンのQRコード付きです♪ 著者:江戸川乱歩 明治27年(1894年)三重県生まれ。早稲田大学卒業。雑誌編集、新聞記者などを経て、1923年「二銭銅貨」でデビュー。明智小五郎を主人公とする探偵小説など、数多くの作品を執筆。主な著書に、『怪人二十面相』、『少年探偵団』などがある。 イラスト:ホノジロトヲジ 2015年よりフリーのイラストレーターとして活動中。キャラクターデザイン、イラストなどを手がけている。著書に、『人間椅子』(江戸川乱歩+ホノジロトヲジ)、『死後の恋』(夢野久作+ホノジロトヲジ)、『外科室』(泉鏡花+ホノジロトヲジ)、『瓶詰地獄』(夢野久作+ホノジロトヲジ)、『シキノメモリエ』、『しろしろじろ』がある。 ホノジロトヲジさんからのコメント 書籍全体/文章中に表現される「私」の人や想像に対する執着と、 「佳子」の“つまらぬ”手紙に一応は目を通す反面文章に対する好奇心は抑えようとしない無邪気さに子供のようなかわいさとこわさがあるなと思っていました。 見目や目線などからこわさを、色合いでかわいさを表現できるよう構成いたしました。

セール中のアイテム