【乙女の本棚】「桜の森の満開の下」坂口安吾+しきみ
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

【乙女の本棚】「桜の森の満開の下」坂口安吾+しきみ

残り2点

¥1,980 税込

送料についてはこちら

桜の森の満開の下の秘密は誰にも今も分りません。 鈴鹿峠に住む山賊は、新しい女房をさらってきた。だが、彼女はどうも他の女たちとは違っていて、彼のことを恐れず、そればかりか……。 坂口安吾の『桜の森の満開の下』が、有名ゲームのキャラクターデザインなどで知られ、本シリーズでは萩原朔太郎『猫町』、江戸川乱歩『押絵と旅する男』、夏目漱石『夢十夜』を担当する大人気イラストレーター・しきみによって描かれる。 名作文学と現代の美麗なイラストが融合した、珠玉のコラボレーション・シリーズ。 自分の本棚に飾っておきたい。大切なあの人にプレゼントしたい。そんな気持ちになる「乙女の本棚」シリーズの1冊。 著者:坂口安吾 明治39年(1906年)新潟県生まれ。東洋大学文学部印度哲学倫理学科卒。アテネ・フランセにも通う。1955年死去。代表作に『堕落論』、「白痴」、「桜の森の満開の下」などがある。 イラスト:しきみ イラストレーター。東京都在住。『刀剣乱舞』など、有名オンラインゲームのキャラクターデザインのほか、多くの書籍の装画やファッションブランドとのコラボレーションを手がけている。著書に『詩集『青猫』より』(萩原朔太郎+しきみ)、『魔術師』(谷崎潤一郎+しきみ)、『桜の森の満開の下』(坂口安吾+しきみ)、『夢十夜』(夏目漱石+しきみ)、『押絵と旅する男』(江戸川乱歩+しきみ)、『猫町』(萩原朔太郎+しきみ)、『獏の国』がある。 しきみさんからのコメント 満開の桜の下で繰り広げられる幻想と怪奇の世界を描きました。 作中の時代にはソメイヨシノの木は存在しないのですが、この物語に出てくる桜に葉はないだろうなと思いあえてそう表現しています。 女の姿に、満開の桜に感じるような異様さを感じていただけたら嬉しいです。