【乙女の本棚】「外科室」泉鏡花+ホノジロトヲジ
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

【乙女の本棚】「外科室」泉鏡花+ホノジロトヲジ

残り2点

¥1,980 税込

送料についてはこちら

でも、貴下は、貴下は、私を知りますまい! 外科室での手術で麻酔を拒否する夫人。その視線の先には、外科医・高峰がいた。 本書は、有名小説と人気イラストレーターによる珠玉のコラボレーション・シリーズ「乙女の本棚」の1冊です。 今作では、『刀剣乱舞』のキャラクターデザインなどで知られ、本シリーズでは夢野久作『瓶詰地獄』を担当するなど、数多くのイラスト・マンガを手がけるイラストレーター・ホノジロトヲジが泉鏡花を描きます。 自分の本棚に飾っておきたい。大切なあの人にプレゼントしたい。そんな気持ちになる「乙女の本棚」シリーズの1冊。 オールカラーで小説と描き下ろしイラストが楽しめます。 著者:泉鏡花 明治6年(1873年)石川県生まれ。尾崎紅葉に師事。1895年に「夜行巡査」「外科室」を発表して話題となる。その他の代表作に「高野聖」「歌行燈」など。金沢市にある生家跡は、現在泉鏡花記念館となっている。 イラスト:ホノジロトヲジ 2015年よりフリーのイラストレーターとして活動中。キャラクターデザイン、イラストなどを手がけている。著書に、『人間椅子』(江戸川乱歩+ホノジロトヲジ)、『死後の恋』(夢野久作+ホノジロトヲジ)、『外科室』(泉鏡花+ホノジロトヲジ)、『瓶詰地獄』(夢野久作+ホノジロトヲジ)、『シキノメモリエ』、『しろしろじろ』がある。 ホノジロトヲジさんからのコメント 一途に初恋の人を想い続ける二人のお話です。 歳を重ねて老いても初恋当時の青年と少女のままの心を 持ち続けた二人を挿絵でも表現できればと、 柔らかい色調のイラストを多めに構成しています。 お話全体を通しての心情の変化に合わせて色彩にも変化を 加えていく作業は、難しいですが楽しかったです。